Customer Support

セキュリティ対策情報

近年インターネット環境の普及・広帯域化に伴い、コンピュータウィルスやスパイウェアの感染・被害が急増しております。特に最近のコンピュータウィルスはネットワークの機能を巧みに利用するものも多く、一度感染するとお使いのコンピュータに多大な影響を与えるだけでなく、ネットワークでつながっているご友人やご家族、お取引先のコンピュータにも被害を及ぼす可能性があります。

コンピュータウィルス

コンピュータウィルス(以下ウィルス)とは、他人のパソコンに勝手に入り込んで悪意あるプログラムのことです。近年のウィルスは多種多様化しており、数多くの種類のウィルスが日々作成されています。ウィルス感染の症状として、他人にウィルスを送信する、ディスクに保存されているファイルを破壊する、場合によっては悪意ある人の踏み台(中継地点)にされて不正アクセスや大量のスパムメール(迷惑メール)の発信源になってしまう危険性があります。また、これらの行為はユーザーの自覚症状のないまま行われる場合が多く、対策を講じない場合ISPからインターネットに接続できない等の対策を講じられる場合があります。

ボットウイルス

ボットとは、コンピュータウイルスの一種で、コンピュータを悪用することを目的として作られたプログラムです。
感染すると、悪意を持った攻撃者がお客様のパソコンを遠隔操作することが可能になり、この攻撃者からの命令に従い、お客様のパソコンから迷惑メールを大量に送信するといった迷惑行為や、パソコン内の個人情報を盗み出すなど、深刻な被害をもたらします。
※操られる動作が、ロボット(Robot)に似ているところから、ボット(BOT)ウイルスと呼ばれています。
ボットは感染しても、目に見える症状が現れないことが多く、感染したことに気がつきにくい特徴を持っております。
そのため、感染して情報漏えいなどの被害者となるだけでなく、操られて他のパソコンへ攻撃を行う加害者になってしまう危険性があるのです。

スパイウェア

スパイウェアとは、侵入したそのコンピューターがどのように使われているかについての情報を集めて送信したり、ブラウザの最初の画面(ホームページ)を書き換え、または変更不能にしたり、ポップアップの広告などを勝手に表示させるもの(アドウェア)があります。(通常スパイウェアは他のソフトウェアとセットで配布され、インストール時にはそのソフトと一括して利用条件の承諾等を求められます。)近年では、お客様の大切な個人情報が盗まれ悪用される場合もあります。

感染経路

ウィルスにはメールを開けて感染するもの、ホームページを見ただけで感染するもの、インターネットに接続しているだけで感染するものなどがあり、感染経路も多種多様化しています。(メールに関しては弊社でウィルスチェックを行っていますが、完全には防げない場合もあります。)

対策方法

ウィルスやスパイウェアに感染しないために、以下のような対策をすることを強くおすすめします。
・パソコンにウィルス対策のソフトウェアをインストールする
・パソコンは常に最新の状態に保つ(WindowsUpdateを定期的に実行)
・ブロードバンドルータ(ファイヤーウォール機能付)等を導入する
また今後、インターネットを利用する際には以下のようなことに注意してください。
・見知らぬ人からのメールの開封や怪しげなサイトへのアクセスは充分に注意する
・データのダウンロードやソフトウェアのインストールは慎重に行う
・画面に突然出てくる「はい」「いいえ」などで不用意に「はい」を押さないようする。(パソコンにトラブルを起こすソフトウェアをインストールされる恐れがあります。)

ウィルスの検知と駆除

以下のサイトではウィルスのオンラインチェックを無料で行っております。(インターネットに接続できる環境が必要です。)
定期的にチェックをすることをおすすめします。

※利用方法については各サイトの説明をよくご確認下さい。
※使用許諾契約書を必ずお読み下さい。